賃貸物件に関するさまざまな事

賃貸物件の内見ではさまざまな部分を確認しよう

気に入った部屋が見つかった場合は、内見でさまざまな点を確認しておきましょう。
携帯の電波状況の確認もしっかりしておきます。また、周辺環境の確認はとても大切です。

 

日当たりや防犯にも、周辺環境は大きく関係しています。
内見では、ベランダに出た際の人の目線などについても確認します。

 

小さなお子様がいる場合には、ベランダの手すりの高さなども確認します。
また布団や洗濯物を干す場所についても、確認しておきましょう。

 

物件の確認では、実際に窓を開けて周辺環境や日当たりを確認します。
また、風の通りを確認する必要もあります。実際に賃貸物件に住み始めてからは、騒音問題を気にする方も多いです。
その為、上下階や隣から聞こえる音については、隣の部屋に入れる場合は携帯を鳴らして確認しておきます。

 

またフローリングの床の傷や壁のシミやはがれなどは、しっかりと確認しておきましょう。
また発見した場合は、入居までに直してもらえるのかどうかについても併せて確認しておきます。
壁紙がはがれている物件は、結露がひどい場合があり冬に寒い物件です。

 

室内の壁や天井のシミなどにも注意が必要です。
天井にシミがある場合は過去に雨漏りをした可能性がありますので、シミを発見した場合はその原因について確認するようにしましょう。
各部屋の建具や網戸などは、スムーズな開閉かどうかを確認しておきます。

 

最近は電化製品が増加しているので、コンセントの数も大切です。
タコ足配線の利用は火事の原因にもなりますので、足りない場合は事前に電気工事をしてもらえるかどうかを確かめておきましょう。
またアンペアの契約によっては、ブレーカが落ちる心配もあります。一般的なアンペアは、20アンペアとなっています。

 

 

隣人や大家への挨拶や粗品について

賃貸物件に住む場合は、新築物件以外は自分の入居前に入居されている隣人の方がいます。
長い付き合いになるかもしれない隣人や大家とは、いい関係でお互い気持ちよく過ごしたいと誰もが感じるでしょう。
引っ越しの際には、隣人や大家に渡す粗品や相場などについて迷われる方もいます。

 

隣人には、通常500円から1000円程度の粗品を渡される方が多いです。
そこまでお金をかけなくても、気持ち程度の粗品で十分でしょう。大家への粗品は、2000円から3000円程度の粗品を渡される方が多いです。
どれくらい住む事になるかは、わかりませんが、良好な関係を築くためにも粗品を渡しておくと良いでしょう。

 

粗品は、消耗品が喜ばれます。食品を渡す場合は、賞味期限などに気を配り焼き菓子などを利用しましょう。
隣人や大家に渡す粗品では、タオル類を利用される方も多いです。タオル類は、自分ではあまり購入する事も少ないです。

 

生地のいいタオルは、どんな場面でも使用可能で迷惑になる事もあまりありません。
またどの家庭でも必ず使用する、洗剤類も粗品としてよく利用されています。菓子類を選択する際は、賞味期限が長い物を選びます。

 

引っ越しの挨拶は、なるべく早くしておきましょう。引っ越しの際に迷惑をかける事やお子様がいる場合はその紹介もしておくと良いです。
後に、お子様の騒音などのトラブルを避ける事にもつながります。

 

隣人は、両隣と上下階などにしておくと良いしょう。現在は、挨拶をしない方も多くなっています。
ご家族で住まれる場合は、しっかりと挨拶されておく方が良いでしょう。

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る